苫米地博士の「IQを上げる方法」が変わっているが面白い

頭の中で高速に無駄なシミュレーションをし続けることで頭が良くなるという話です。

昨日、苫米地博士の動画を見たんですよ。

苫米地博士と言われても誰かわからないという方もいるのかもしれませんが、

苫米地英人
1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。
帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

現在は米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」を日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている。
著書多数。

肩書が多すぎて、とりあえず凄いということしか分かりませんね。

苫米地博士はあらゆるジャンルに精通している世界的なエキスパートですので、一言で説明するのは非常に難しいんですけれども、仮想通貨の世界においても第一任者であるようです。というかむしろ、「世界初の仮想通貨」を開発したのが苫米地博士であるようです。…この話は長くなってしまうので本記事では割愛します。

また、心理学や潜在意識といった分野においても数々の著作を出版されていますね。

情報商材で利益を上げている一面もあって怪しいというイメージを持っている方も多いかもしれません。 例えば、イケダハヤト氏だったり与沢翼氏だったり、情報商材やアフィリエイトで稼いでいる有名人はみなさんキャラも濃いですし好き嫌いが分かれるとは思いますが、有益な情報を発信していることは間違いなく、学べる点は非常に多いです。

共通して言えることは、動画などで話している様子を見ると、頭の回転の速度が非常に速いということが感じられますね。

苫米地博士はYouTube動画も多数アップされていて、 興味深い内容の動画が多いですね。

今回、私が見た動画は「レスポンス速度を上げる方法」ということで、苫米地博士自身が普段の生活の中で、頭の中で行っているトレーニング方法を語っていました。

この方法がかなり変わっています。

例えば、レストランに食事に行った時などに、その周りの状況、どこに出入り口があってどこにテーブルがあってスタッフがいてどこの席にどのような人間が座っていて何を持っていて、とか言うことを全てなるべく速いスピードで把握し、そのマップを頭の中に作り出すということらしいです。

この時に、自分の頭の中に特殊な設定を作っておくみたいですね。例えば自分は国際スパイであるとか。

国際スパイなもんで、敵が来た場合にはどのルートから逃げるというのを確保しておく。そのためにはどの位置の席に座るのが最も良いか、お店に入った瞬間に判断する。360度全ての空間のマップを作ることが重要なので、例えばトイレの位置を確認しておくふりをしながら後方も含め全周を見渡しておくみたいな話でした。

はっきり言ってしまえば妄想のようなことですけれども、このように頭の中に独自の設定をして世界を見ることで頭脳に刺激を与え、トレーニングしているということなんでしょうね。

それを繰り返すことで、頭の中に空間のマップを作り出すスピードをだんだん速くしていく。

また、食事のメニューを決める時も、メニューを見て1秒以内に決める練習というのもあるみたいです。

私なんかはじっくり何を食べようか迷うのが好きなタイプですが。

苫米地博は毎朝新聞を5紙以上読むそうですが、5分程度で全て読んでしまうらしいです。

全体像を素早く把握する能力、頭脳の回転速度が速いので、速読にも通じるということでしょう。

このように、普段から日常とは少し変わった設定を頭の中に描いて、なるべく速く空間のマップを描くという練習をしておくと、頭の回転速度が上がってIQが高くなるというお話でした。