「TradingView」のすすめ botも裁量もこれ一本

今日は TradingView という、仮想通貨(暗号資産)投資をする上で大変便利なチャート解析サービスを紹介したいと思います。

ほとんどの機能は無料で利用することができるのでおすすめですよ。

とりあえず無料で始める

仮想通貨投資をしている方の中でも、中級者以上の方であればほとんどの方がこちらのTradingViewを使っていると思います。Twitterでもチャート画面を貼り付けている方が多いですよね。

トレーダーの方がせっかく貴重な分析をツイートしてくれてるのに、チャートや用語が分からなくてスルーしてしまうのはもったいないですよね。私も全然上級者ではありませんが、触っているうちに慣れてきました。

もちろん仮想通貨だけに限らず、株式や為替取引をしているプロのトレーダーにも愛用されている本格的なツールになります。

当サイトでも紹介しているRSIやボリンジャーバンドなどのインジケーターはもちろん、botトレーダーに欠かせないストラテジーやバックテストなどの機能も備えています。さらにアラート機能を使えば、特定の条件になったときにアラートを鳴らすこともできます。

自分の持っている通貨だけをリストにして、常に価格をチェックするのにも便利です。

挙げればきりがないほどに利用価値の高い TradingView ですが、最初は全てを使いこなそうとする必要はありません。まずは触ってみて少しずつ慣れていく中で、自分に必要な機能がわかってきますので、そうなればしめたものです。

私の場合でいえば、一番重視しているチャートはBTC/JPYの日足の超長期チャートで、よく使うインジケーターは移動平均線、RSI、ボリンジャーバンド、一目均衡表、価格帯別出来高などです。

専業トレーダーのように24時間体制で張り付けるわけではないので、短期の値動きなどはほとんど気にしていません。

ボットプログラムなどによって自動取引をする場合においても長期トレンドを理解しておくことは非常に重要です。また冷静な投資判断をするためにも、常にこのTradingViewの長期チャートタブは私のPCにおいて閉じることはありません。

例えば、取引所ごとにチャートのデザインなどは全然違いますよね。コインチェックとビットフライヤーとビットバンクではチャートのデザインや操作方法など全く異なります。

人間の意識は不思議なもので、このようなチャートの見た目の変化だけでも全く違う印象を受けてしまいます。高いと思っていたものが急に安く見えたり、投資判断がコロコロと変わってしまう場合があります。

だからと言って一ヵ所の取引所だけ使うというわけにもいきませんね。

こちらのTradingViewで一元管理することで、常にフラットな目線で相場を観察することができ、冷静な投資判断をすることにつながります。いつも同じプラットフォームで、自分の便利なようにカスタマイズしたチャートを見られるので大変おすすめです。

また、当サイトでおすすめしている BitMEX のFX価格チャートや bitFlyer のBTC/JPYにも対応しているのでとても便利です。

この TradingView 、前述したように基本的な機能は無料で利用することができます。まだ使っていない方はぜひ登録しておいたほうがいいと思います。

ちなみに、私は有料コースの中で一番安い Proプラン を利用しています。インジケーターやアラートを使う人はこのコースがおすすめです。

ということで、今後も愛用していくツールです。

以上、「TradingView のすすめ」でした。

tradingview.com

「銭ナビ」の記事を読んでくれてありがとうございます。

 

note 始めました。

Feedly を使うと最新のブログ記事が自動で届きます。