カスペルスキーが提供する「サイバー攻撃を可視化したツール」が面白い

これは、セキュリティソフトで有名なカスペルスキーが開発した CyberMap と言うサイバー攻撃を可視化するツールです。

まさにサイバー戦争時代ですね。世界中のサイバー攻撃、撃ち合いの様子が見てとれます。 美しい花火のようにも見えるエフェクトが見ていて飽きないですね。

もちろんサイバー攻撃ですから素晴らしいことではないのですが。

データを見てみたところ、日本はサイバー攻撃の被害ランキングで世界20位となっています。

詳しいデータを見ていくとかなり詳細まで見ることができます。アフガニスタンとか中東からの攻撃が意外と多いんですね。後、アフリカからの攻撃も地味に多いです。中国とか北朝鮮とかアジアからの攻撃が多いのかなとイメージしていたんですが。

サイバー攻撃にも色々と種類があるみたいで、

  • マルウェア
  • ウイルス
  • ワーム
  • トロイの木馬
  • スパイウェア
  • ボット
  • ランサムウェア
  • バックドア
  • DoS攻撃
  • DDoS攻撃
  • ゼロデイ攻撃
  • 水飲み場攻撃
  • フィッシング
  • ソーシャルエンジニアリング
  • SQLインジェクション
  • クロスサイトスクリプティング攻撃
  • バッファオーバーフロー
  • エクスプロイトキット
  • 辞書攻撃
  • ブルートフォースアタック
  • パスワードリスト攻撃

等々…。

こんなにも多種多様な種類の攻撃がリアルタイムでネット上を飛び交っていると思うと恐ろしいですね。

いずれにせよ、政府にはサイバー攻撃対策をしっかりとしてもらいたいんですけども、以前の記事に書いたように不甲斐ないんですよね。

こんな有様です。

※関連記事

これはやばいですね。総務省のサイバーセキュリティ課で世界中のハッカーと戦う人、日給8000円です。あ、通勤手当は無しです。この求人はサイバーセキュリティに関する施策で、人材育成や研究開発など高度な専門的知識を必要する非常勤の事務職員を募集...

「銭ナビ」の記事を読んでくれてありがとうございます。

 

note 始めました。

Feedly を使うと最新のブログ記事が自動で届きます。