ウェアラブルデバイスが導く先の未来とは AIが支配する世界?

ウェアラブルデバイスって聞いたことありますか?

ウェアラブル端末とかウェアラブルコンピュータとも呼ばれます。

ウェアラブルデバイスというのは身につけられるコンピューター等のデバイスですね。

腕時計のような形をしていたり衣服のような形であったり形状は様々です。

ウェアラブルコンピュータ(wearable computer)とは、身につけて持ち歩くことができるコンピュータのこと。ラップトップスマートフォンなど単に持ち運べるコンピュータとは異なり、主に衣服状や腕時計状で身につけたまま使えるものを指す。 ウェアラブルデバイス、ウェアラブル端末と呼ぶこともある。腕時計型、眼鏡型、指輪型、靴型、懐中型、ペンダント型など様々なタイプのものがある。 Wikipedia より引用

これだと逆に邪魔すぎて身につけない方がいいような気もするんですけど。普通にスマホの方がいいような気がしますね。

ただ、スマホでも十分すごいデバイスだと思うんですけど、それがさらに進化していく先にある形がウェアラブルデバイスということになるのでしょうか。

今はまだ発展途上ですが、これから我々の生活に欠かせないものになってくる可能性が高いと思います。

この間の記事で紹介した「超人スポーツ」なんかもこれの一種ですよね。さまざまなデバイスを装着することによって、人間の視覚、聴覚などの五感や手足などの機能を拡張させることにより人間の限界値を高めていくという考え方ですね。

※関連記事

超人スポーツとは何ですか? テクノロジーを装備し人間の身体機能を拡張した状態で行うスポーツです。 まずは...

ウェアラブルデバイスのデザインも今後より一層洗練されていくのではないかと思います。

最終的には、脳の中にチップを埋め込むとか、そもそも身につけていることを意識しないレベルになるんじゃないでしょうか。

例えば、脳の記憶も外部メモリーを追加して容量を増やすとか。英語のデータベースが入ったメモリーをオプションで付け加えたら英語が話せるようになる。Wikipediaの内容が全て入ったメモリを追加したら、世界中の知識をデフォルトで知っている人になれる。

また障害者や高齢で介護を受けているような老人の方であっても、パワードスーツを装備すれば、わずかな筋肉の動きでも増幅して動けるようになる。そうなると介護も必要なくなりますよね。

AI が進化したら、そもそも思考自体を全て任せることも可能になるのかも…?

遊び心で使ってみた自動記事生成ツールなどは現時点では全く使い物にならなかったのですが、これから進化するでしょうね。

※関連記事

AI の発展が人間の仕事を奪う。 それは事実だと思いますが、現時点ではブログの自動記事生成ツールは全く...

今、人間がやっている仕事でAIにできないことはあるのでしょうか。

単純作業は機械にやらせて、人間はクリエイティブな仕事をするようになる。といった意見もありますが、甘いような気がします。

本当にクリエイティビティでAIに勝てるかな…?

将来的には文章を書くことも、音楽を作ることも、絵を描くことも人間ではAIに勝てないようになる可能性もありますね。

役所の仕事も、政治にしても、全て AI が統治する世界になるかもしれません。

そうなると最終的に人間が担当するのはどの部分になるんでしょうね…?