与沢翼さん曰く「勝てる投資家はリスクを取らない」効率的市場仮説の否定

勝てる投資家はリスクなんか取っていないという話です。

与沢翼さんのYouTube動画を見たんですが、やはり切れがいいですね。学びがあります。いつも顔が画面に近いですが、内容はとてもためになります。

与沢翼さんはネオヒルズ族「秒速で一億稼ぐ男」ということで、超大金持ちというイメージで有名です。現在はドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」にお住いのようですね。

実際、ものすごいお金持ちなんですけども、それよりも私が注目しているのは、すごく頭がいい方で投資家としても考え方がとても参考になる部分があるんですよ。

YouTube動画もかなりアップされていて、動画を見れば頭がいい方だということはすぐに分かりますね。

台本なしでこれだけ話せるというのもすごいのですが、話がかなり長いので夜中に動画を見てるといつの間にか眠ってしまうという効果もあったりします。

それでも、なにか大切なことを言ってたなあと睡眠学習的な効果もあるようです。

この動画で話していたことは、投資で成功している人は周りの人から見ると大変なリスクを背負っているように見えるが、実はリスクなんか取っていないのだっていう話でしたね。

というよりも、むしろそれ以外のリスクを極限まで減らそうとした結果、そのような選択肢を選んでいるわけなので、本人としてはリスクを回避しようとしているという話です。

この考え方は同感で、投資において非常に大切だと思いました。

丁半博打で勝つか負けるか50%の投資を続けていれば、ゼロサムゲームですから、いずれ必ず破産してしまいます。むしろ手数料などの差し引かれる分を考えるとマイナスサムゲームですから、これは必然なんですよね。繰り返すほどに大数の法則に従ってお金はゼロになるしかないんですよ。

※関連記事

仮想通貨はゼロサムゲームなんですよ。どういうことかと言いますと、勝っている人がいればそれと同じだけ負けている人がいる。お金を儲けている人の裏に必ず損している人がいる。それを合計して総和をとると必ず0になる。そういうタイプのゲームをゼロサム...

なので、起こる確率が高いという蓋然性が自分の中で確実に納得できている選択肢にだけベットする。勝つか負けるか分からない、じゃんけんみたいなものにはベットしてはいけない。むしろまぐれで最初に勝ってしまうことは不幸にしかならない。

投資においても上か下かどちらに行くかわからないという感覚の時にはポジションを取るべきではないということですね。

テクニカル分析なり過去のデータから得られる必然的な流れとして、上または下に行く確率が高いと自分の中で納得している状態でしか投資しないということです。むしろポジションを取らないことがリスクであるくらいの感覚を持って初めて投資する。そこに到達するためには徹底的に調べることも必要ですね。

それから、市場は常に間違っているという認識も重要ですね。

市場が間違えるからこそ、売られすぎたり買われすぎたりするわけで、物の価格は動いていき、そこにチャンスが生まれる。

これと反対の考え方に「効率的市場仮説」というものがあり、これは市場は常に正しいとするものですが、与沢翼さんはこれに対して否定的で、私も同様です。

市場は常に間違っていると思いますし、そうでなければ価格は動かない。ビットコインが一年間で100倍に値上がりしたとしても、その間にビットコインの性能がアップデートして100倍の価値になっているとか、そんなはずはないんですよね。日経平均株価が大きく上がったとしても、そんな短期間で日本のGDPが上がったわけではない。市場の評価が変わっただけで、実体は変わっていない。

市場は必ず間違えるのでそこにチャンスが生まれるという話ですね。