HIKAKIN、「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演で感動した話

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」ついにHIKAKINさんが出演しましたね。

時代は変わりました。「プロフェッショナル」にYouTuberのHIKAKINさんが登場するようになったんですね。

晩御飯を食べていたら、なんかHIKAKINさんがテレビに出てるじゃないですか。

普段テレビはあまり見ないんですけど、面白いなと思ってちょっと見てみました。いやーバカみたいに感動してしまいましたね。

実は、私はHIKAKINさんのことはそれほど詳しく知らなかったんですよ。もちろんYouTuberのHIKAKINさんというお名前はよく聞いたことがありましたが、直接YouTube動画を見たことはほとんどなかったと思いますね。

とにかく人気のある方だということは知ってましたけど、どういう人か全然知らなかった。「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組は結構そういうことが多くてですね、今まであまり知らなかった人でもこの番組をきっかけにファンになったりとかするんですよね、不思議なもので。

人気YouTuberということで、大成功しているお金持ちとかそんなイメージだけだとあまり応援しようという気にもならないんですけども、その裏で信じられないくらいの努力をしている姿が取材されてました。

「ちょっと悩みがある人が見てる人が多い気はするんですよ。人生楽しいことだけじゃないから。僕の動画って楽しんでもらう動画。少しでも多くの人がクスッとしてくれたらいいかなって。僕も楽しそうじゃないと駄目かなって」

特に印象に残ったところは、HIKAKINさんが「炎上を恐れている」と言うシーンですね。炎上を恐れているというよりは「誰かを傷つけることを恐れている」というように思えました。

YouTuberとして、目立ったこと、変わったことをして視聴回数を集めるわけですが、それと同時に見てくれる全ての人が嫌な気持ちをしないで傷つかないで見てもらえるような番組づくりを心がけている。それがすごく微妙なラインでそこに気を使っているっていう話でした。

YouTuberとかブロガーとか言われる人の中には、全くこの正反対の方向性の方も多いと思うんですよね。目立てばなんでもいいと、注目集めてお金を稼ぐことができれば方法は選ばないと言う方が多いと思うんですけど、HIKAKINさんの場合はそういうどこにでもいるただのお兄さんであり続けたいというところが違う。それでなおかつ視聴者の方に支持されて人気が出ているっていうのはある意味天才ですね。

普通でありながら普通じゃないところにたどり着いてるわけなんで。

「そこらへんに居そうな兄ちゃんみたいな感じでいたいなって。身近さで人気になったんじゃないかなと思ってるんで。あえて作り込んでないのが共感を生んでる。小回りが効く部分とかで、リアルなことが自由にできる」

ほとんど毎日収録してるみたいなんですよね。しかも、撮影から編集まで全部一人でやる。分担制にして負担を減らすことも考えたことはあるらしいのですが、それだと100%の自分じゃなくなってしまう。70%の自分になってしまった時に、本当のファンは気づいちゃうよねって言う。だから本人はふざけたキャラクターを演出しているわけですけど、その陰にはこういう誠実な部分がやっぱりあるんですね。それを続けてきたっていうところがすごいんですよね。

「ゴールの見えないマラソンみたいな感じですかね。でも100万人ぐらい笑ってるって考えると、誰でもできることじゃないことをできてる。そっちのほうが『いい人生だった』って思えるんじゃないかと思うんですよね」

ブログにしても投資にしても同じですよね。継続していくことで力がついていくし、その中でチャンスがやってくる。続けること。チャンスを待つこと。

自分の好きなことを誠実に続ける姿勢に感動するのだと思います。

最後に、「プロフェッショナルとは?」の質問にHIKAKINさんはこのように答えています。

「継続した人で、かつその中でチャンスをつかんだ人だと思います。継続してるとチャンスがやってくるんで、その中で努力してるとつかめると思うんで。継続です」

※こちらの記事も読まれています

「プロフェッショナル 仕事の流儀」にプロゲーマーの梅原大吾さんが取り上げられていました。YouTuberのHIKAKINさんと共に「新しい仕事スペシャル」での出演でした。梅原さんといえばストリートファイターで有名です。かつての世界大会でのシーンが忘れられない...