「退職代行」ブーム。人間関係で悩むならとりあえず辞めてから考えたら?

こんにちは。

会社員とっくに辞めたココです。

今は毎日ゲームしたりブログ書いたりトレードしたり。

好きな時に好きなことやってます。

なんかTwitter見てたら最近「退職代行」っていうキーワードがちょくちょく出てきて。

今までにないおもしろいサービスが出てきたなーという感じで見てました。

でも自分はもう会社員辞めちゃってるし、その時はフツーに自分で会社に伝えたので、「辞めたいならそれぐらい自分で伝えろよ」的な印象だったのですが、興味を持って調べていくとけっこう色んな見方ができるなあと思ってきました。

まあ、私が伝えたい結論は「悩むほど追い詰められてるなら、まずは辞めてから考えたらいいよ」っていうことです。

「お金」なんてたかが「お金」なんで、命削ってまで、自分の心を削ってまで会社に行く必要ないです。当たり前ですね。

金の亡者の私でさえそういうのだから間違いないw

なので、辞めたいならすぐにでも辞めればいいし、自分で言えないなら「退職代行」もアリなんじゃないかな。それを悩んでる時間がムダだし、つらいはず。

ササっととりあえず辞めて、新しい人生にスタートしたら?

まあ、それでも悩むのは日本社会ならではの問題なんでしょうねー。

人間関係がいろいろありますからね。ブラック企業からグレーなものまで日本にはたくさん揃ってますよね。

「NHKクローズアップ現代」でも取り上げられているほど社会問題になってるんで、同じ悩みを抱えてる人も大勢いるということですね。

ちなみに退職代行業が法律的に正当なのかどうかというのは私には分かりません。

イギリスのBBCも日本での退職代行ブームについて報道↓

日本は今歴史上最大の人手不足です。海外からの外国人労働者、移民を受け入れてまで労働力をカバーしようとしてますが、それでも追いつかないほどの深刻な人手不足なのです。

なので、仕事を辞めてもいくらでも次の仕事は、あります。

それこそ星の数ほど企業があって、どこも人材が足りなくて困ってるんですから。

だから、辞めた後に仕事がないなんてことはありえませんね。物理的に。

会社に対する恩義や、やめることに罪悪感を感じる人もいるのかもしれません。

例えば、プロ野球やサッカー選手がFAで毎年違うチームに移籍するじゃないですか。

あんな感じで、社員と企業の関係は固定的なものではないんですよ。あなたが入社する時に「終身雇用します!」「了解です!」って印鑑まで押してたら話は別ですが、そんなのはないでしょ。

今まではこの会社で働いたけど、次は別のところでやってみよ。こっちの方が向いてそうだし。って気軽に考えたらいいです。

もちろん、色んな考え方があっていいと思いまーす。

ちなみに、今の会社で満足してる人は当たり前ですがやめる必要はないですよw

退職ブームに乗っかって安易に辞めるとか自爆ですからね。

投資やブログ等の副業は仕事を続けながらでもできますから。

でも「悩むほど追い詰められてるなら、まずは辞めてから考えたらいいよ」って思いました。

あ、ちなみに会社員を辞めて後悔していることは「何もない」です。

「銭ナビ」の記事を読んでくれてありがとうございます。

 

note 始めました。

Feedly を使うと最新のブログ記事が自動で届きます。