「オラわくわくすっぞ」を英語にしたらどうなるのか。Google自動翻訳の件(天下一BOT会とは関係ありません)

オラ、わくわくすっぞー。

【この記事はあまり役に立ちません】

こんにちは。たまに役に立たない記事を書きたいココです。

それにしても「天下一BOT会」が盛り上がってますね。

まさに、「オラわくわくすっぞー」って感じですよね。

で、何を思ったのか私はこれを英語にしたらどうなるのか、Google検索してみたのです。

その結果がこちら↓

Ola exciting Suzzo.

↑しかも音声ボタンでしっかりと発音してくれました。

それだけです。…。

この記事はあまりにしょうもないのでTwitterでの告知を控えていますw

bot関連の真面目な記事ばかり書いてるイメージがあるかもしれませんが(ないか)、くだらない記事も好きなんです。

ここまで来たのは以前からの読者さんかな。

ありがとうございます。

ということで、AI(人工知能)による自動化は色々な分野で飛躍的に発展していますが、まだまだ改良の余地ありということですね。

とはいえ、2045年にはAIによるシンギュラリティで人類滅亡説もありますよ。

それから、以前、ブログの記事を自動で書ける自動記事生成ツールArticooloを使った時にも恐ろしいことになりました。

※関連記事↓

AI の発展が人間の仕事を奪う。 それは事実だと思いますが、現時点ではブログの自動記事生成ツールは全く...
2045年に人類滅亡。理由は「シンギュラリティ」 2045年に人類が滅亡するみたいですね。 表現...