投資の自動化完了。bot、コピートレード。未来の途中

投資の自動化。できちゃいました。

最近、botコピートレードでの「投資の自動化」のおかげでトレードモニターに張り付く必要がなくなりました。

冷静に1年前の自分から考えたら、ものすごい未来まで来ていると思うんですよね。

そもそも1年前の自分は仮想通貨も全く知りませんでした。

仮想通貨投資を始めて最初の頃は、おそらく皆さんも経験済みだと思うのですが、値動きが気になってしまって24時間常に相場チェックをしてみたり、精神的にも異常に疲れたという記憶がありますね。

利益が出ている状態でもそんな感じでしたから、出川組のタイミングで参加した方たちは相当な試練を経験されたと思います。

私も始めた当時はコインチェックのアプリで価格をチェックして、今日は緑だとか今日は赤だとか一喜一憂してましたね。今はコインチェックアプリを見ることもなくなりました。

チャートチェックはTradingViewでしています。取引所のチャットを見ることもめったにないです。

なんだかんだ言っても結局、全体の時価総額は右肩上がりで上昇していましたので良い時代だったと思います。

まだ未来への途中。今後の仮想通貨はどうなるか?

今はビットコインバブル崩壊後の低迷期という感じですが、再びあの時のような盛り上がりがやってくるかもしれません。個人的な印象では、今年の夏以降に何か大きな動きが起こるのではないかという気がしています。

仮想通貨自体が盛り上がっていくことはまず間違いないのですが、MUFGコインに代表されるような銀行が発行主体となるような仮想通貨や、各国政府が独自に発行する仮想通貨が主役になってくる可能性もあります。

そういった場合にビットコインイーサリアムといった現在の主力仮想通貨がどうなるのかはまだ未知数な部分がありますね。

しかし、価格が下落するならショートすればいいだけの話なので、投資自体には何も問題はないですね。

イーサリアムに関しては、仮想通貨というよりもワールドコンピューターという立ち位置を目指しているようですし、イーサリアムをベースとした様々なdAppsと呼ばれるブロックチェーンゲームが数多くリリースされていることからも一定の需要はあるように思えます。

ETH.TOWNも面白そうなんで3ETHほど入れてます。

※関連記事

まだ正式ローンチ前にもかかわらず異様に盛り上がっているブロックチェーンゲームのETH.TOWN。前回紹介した時には、プレセールのフロアが売り切れてしまっていて、残念だなと思っていたんですけれども、ちょっと今見てみたら追加のフロアが売りに出されて...

まだまだ世界中の人たちの大半は仮想通貨投資をしていない状態です。多くの人はこのような大きな変革が起こっているということも知らないかもしれません。なんとなく聞いたことがあるという程度の認識でしょうか。

まだまだ未来の途中です。

楽しいことがこれからも起こるでしょう。

「投資の自動化」に興味がある方はこちらの記事を参考にどうぞ。

こんにちは、ココです。Pythonレベル0のプログラム初心者ですが、botトレードしてます。現在、稼働しているのはAKAGAMIさんの開発した「ドテン君」です。AWS Cloud9 上にソースコードをコピペすることができれば、あなたも自動売買デビュー...
最近使い始めた1Brokerという自動売買ができる仮想通貨取引所がとても面白いので紹介したいと思います。登録方法も解説しています。使い方は簡単。トレードをまるごとコピーするだけ。入金はビットコインでOKです。短期投資のデメリットを解消して...

「銭ナビ」の記事を読んでくれてありがとうございます。

 

note 始めました。

Feedly を使うと最新のブログ記事が自動で届きます。