ドテン君がパンドラの箱を開けた。bot新世紀突入。

今日も引き続きドテン君は静かに稼働中です。

運用開始から5日目、私の所のドテン君はこれまでにドテンしたのは3回で、それぞれに利益が出ております。

ただし、このまま何も考えずに運用していて順調に利益が出ていくかどうかは誰にも分かりません。色々と状況は変わって来てます。

ドテン君の存在があまりにも有名になりすぎて、対策botもすでに開発されていますし、裁量トレーダーの方もドテン君の動きに注目しているようですね。

ドテン君を狩る、またはトレンド方向に利用するという狙いもあるようで、様々な思惑が交錯しているようです。

また、全く同じロジックで同時に発注する人数が増えたことで、注文がサーバーに弾かれるということも発生してきております。

もちろんこれらはドテン君note販売以前から十分に予想はできたことで、AKAGAMIさんも当然想定していた範囲でしょう。

Discordもチャンネルが整備されて来て、さまざまな対策や改良が行われています。

※関連記事

はい、ビットコイン久しぶりに100万円突破おめでとうございます。 ロング方向に伸びていくのは基本的にみんなにと...

ということで、ドテン君vsドテン君対策ボットvsそれ以外のロジックのボット。こんな感じで、bot同士の撃ち合いになるのではないかと思います。そこに、大口裁量トレーダーの思惑が絡んで、更なる駆け引きが起こりそうですね。

こんなの迷惑だという方もいるかもしれませんが、時代の流れは今すべて自動化に向かっていますので、投資の世界にもこのようにAIやbotが登場してくるのは自然な流れであると思います。パンドラの箱は開かれました。遅かれ早かれ、これは起こるべくして起こったことです。

これから先どうなるか全く分かりませんが、ドテン君を利用するにせよしないにせよ、この仮想通貨界のカオスな状況を思いっきり楽しんでしまったもの勝ちだと思います。

ただし、いくら楽しむと言っても、資産が吹き飛んでしまっては辛いので、あくまでも安全運用で生き残り重視にしておいたほうがいいと思います。ハイレバ運用は一撃で死ねる可能性が高いですね。

ビットコインが生まれた後に、数々のアルトコインや草コインが、さらにハードフォークによってビットコインキャッシュ等が生まれたように、これから無数のbotが乱立してbot戦国時代になるのではないかと予想しています。

さらに一周してやっぱり裁量トレードが最強という結論になるかもしれませんし、それは誰にも分かりません。

その頃になってもう一度、デフォルトのドテン君を使ってみたらやっぱり有効だったとかいう結論もありそうです。チャネルブレイクアウトという手法自体が長年の歴史に裏打ちされているものですし、中期スイングなのでのんびり構えていればそれなりの期待値はあるはずです。

以上、これからの仮想通貨界、botの未来について今思っていることをつらつらと書いてみました。

※こちらの記事も読まれています

初心者でもbotトレードしてみたいよね。ということで、総合案内ページとしてbot関連記事をこちらにまとめました。超初心者がbotトレードで自動売買するための最短ルートとは? ドテン君運用 AWS Cloud9等
今までにブログ記事で書いた「ドテン君」関連記事をこちらにまとめました。 気になるタイトルがあればクリックして読んでみてください。 ブログ記事なのでもちろん無料。 超初心者がbotトレードで自動売買するための最短ルートとは? ドテン君運用こんにちは、ココです。Pythonレベル0のプログラム初心者ですが...