AWS Cloud9でボットが勝手に止まる時の対処法 Reconnectingエラー

AWS Cloud9でbotを動かしている時に勝手に止まってしまう場合の対処方法について簡単に紹介したいと思います。

今回、私はAKAGAMIさんの「ドテン君」というbotを購入し、Cloud9上で運用しているわけですが、時々、Cloud9を見に行くと「Reconnecting」という表示になって接続が途切れていることがありました。

これは自分のPCとCloud9サーバーの間の接続が切れている状態だと思うのですが、あわてて再び接続しなおすと、botの稼働が止まってしまっていました。これはまずい。

実際には、中期スイングロジックなのですぐに再稼働させて特に問題はなかったのですが、このままでは安心して寝られません。

色々と調べた結果、簡単な設定変更で解決できたので、同じような症状の方もいるのではないかと思い、解決方法を紹介したいと思います。

Cloud9にログインした状態で右上の設定(歯車のマーク)をクリックします。

「Stop my environment」 のところを選択し「Never」に変更します。

以上です。

これで基本的に稼働中のbotが止まることはないと思います。

簡単に例えるとパソコンのスクリーンセーバーのようなもので、一定時間以上放置した場合に動作を停止する設定ですね。 これをNeverにすることによって停止させなくします。

これで、Cloud9のタグを閉じても、パソコン自体の電源を切っても、botプログラムはクラウド上で実行され続けるということです。

ちなみに、この設定にしたからといってReconnectingエラーが出なくなるわけではありません(通信状態を改善したわけではないので)が、Reconnectingエラーが出た状態になってもクラウド上での実行が止まることがないということです。

接続が切れていても、接続しなおせば普通に動いているのが分かります。

超初心者向け講座なのでしつこく説明しますが、Cloud9環境ではあなたのPCの中でプログラムが動いているわけではなく、AWS Cloud9というAmazonが提供するネット上のサーバー内でプログラムを保存し実行しています。

なので、自分のPCの電源を切ってもbot自体は引き続きクラウド上で動いてくれるわけです。

ただし、プログラム自体が予期せぬ動作などで止まるということはあり得るので、時々チェックする必要はあると思います。

私自身がプログラムに関しては上級者ではありませんので理解が間違えているところがあればご指摘ください。

その場合は、編集・追記を行っていきたいと思います。

※こちらの記事も読まれています

こんにちは、ココです。Pythonレベル0のプログラム初心者ですが、botトレードしてます。現在、稼働しているのはAKAGAMIさんの開発した「ドテン君」です。AWS Cloud9 上にソースコードをコピペすることができれば、あなたも自動売買デビュー...

「銭ナビ」の記事を読んでくれてありがとうございます。

 

note 始めました。

Feedly を使うと最新のブログ記事が自動で届きます。